2012年3月11日
私にとっての3.11

人、それぞれ3月11日という日を胸に臨まれた事と思います。

私はいつもと変わらず、仕事をしておりました。

思い起こせば、1年前の丁度この日も普段通り、仕事をしておりました。

1年経って、何が変わったのか?

被災地の現状と、私の日常生活とのギャップ。

節目を迎えた日の夜の番組は、やっぱり地震関連の生々しい特番。

見ていて涙がこぼれそうになりました。

同情することは誰でもできますが、改めて同じ日本国民として何をしなければいけないかと考えさせられる1日でした。

お客様商売をしている私にできることは、やはり、お客様に来ていただくことで利益をあげることができます。それがあってはじめて寄付金や義捐金の捻出ができるのです。

政府や国会議員のみなさんには是非とも、景気を今以上に悪化させるような政策は採ってほしくないと思います。

巷では、消費増税止む無しの声がよく聞こえますが、本当にいいんでしょうか?
色々なご意見があるのは承知しております。

ただ、一事業主としては、悩みます。一国民としては、仕方がないとも思います。

そんなジレンマのなか、最近の報道を見ております。

2011.3.11という日は、過去のことではない。現在進行形の事象なのです。
未だに行方不明者もおられるし、がれき処理も進んでいない。

無力な自分に何ができるのか?
背伸びすることなく、お商売をさせていただき、義捐金を送らせていただくことにつきるのではないかと思います。

乱文失礼いたしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 私にとっての3.11
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]